admin

最新のお知らせ

 お知らせ  最新のお知らせ はコメントを受け付けていません。
11月 132017
 

2018年2月研究会開催のご案内

2018年2月17日(土)に「 筑波大学(東京・文京校舎)」にて開催される研究会の講演申し込みを受け付けております。

申込締切は, 【 12月15日(金) 】です。

奮ってのお申込みをお待ちしております。

 Posted by at 16:00
11月 012017
 

2017年11月11日(土)に「八戸工業大学」にて開催される研究会のプログラムをお知らせ致します。
奮ってのご参加をお願い申し上げます。

☆日時

2017年11月11日(土)13:00~16:25 (内見学16:00~16:25)

☆場所

八戸工業大学 メディアセンター

〒031-8501 青森県八戸市妙字大開88-1

☆交通アクセス

大学公式サイト上での交通アクセスは以下をご覧ください.

http://www.hi-tech.ac.jp/0801outline/0807outline

八戸市内は「八戸市営」と「南部交通」のバスがあり、どちらも大学までの路線で走っています。大学行きのバスは「本八戸駅」および「中心街」からの2通りになりますが、本数が極端に少ないため、時刻表をご確認ください。

※新幹線の駅「八戸駅」からは出ておりません。新幹線の八戸駅からは「中心街」までしか走っていないため、中心街から大学行きのバスに乗り換えってください。

①往路

【八戸市営バス】 A34とA27が大学に向かう路線です。

https://www.city.hachinohe.aomori.jp/bus/new/jikokuhyou/jikoku/0552_001.pdf

【南部バス】S100, S102, S103が大学に向かう路線です。

http://md01.server-can.net/nanbubus/routebus/pdf201704/14-1.pdf

②復路

【八戸市営バス】

https://www.city.hachinohe.aomori.jp/bus/new/jikokuhyou/jikoku/0147_001.pdf

【南部バス】 16:42にあります。

http://md01.server-can.net/nanbubus/routebus/pdf201704/82100-2.pdf

※参考までにタクシーの情報です。「本八戸から大学までは約2710円」、「八戸駅から大学までは約4330円」です。

☆世話役(敬称略)
三浦 雅展

☆議題

一般

――― 13:00~14:15 ―――

  1. リタルダンド演奏を対象としたCPNによるモデル化の試み

桶本 まどか,新川 芳行(龍谷大学)

  1. 2. ドラム打叩時における前腕部の共収縮を低減する方法の一検討

峯 隼人,大田 健紘(日本工業大学)

  1. 畳み込みに最適なFFT点数

新井 清嗣(アリソン)

――― 休憩 ( 20分 ) ――

――― 14:35~15:50 ―――

  1. 水琴窟における甕と水の相互作用に着目する放射音のチューニング

藤田 佑樹,水谷 孝一,若槻 尚斗,海老原 格(筑波大学)

  1. 音の立ち上がり時間と周波数特性が初期LEVに与える影響

亀川 徹,丸井 淳史(東京藝術大学)

  1. 心拍の時間変動および強度変動を用いた感情推定手法の検討

佐々木寿希矢, 勝呂明央, 三浦雅展(八戸工業大学)

16:00~16:25 <施設見学:電子回路等で学んだ知識を元に学生らが作製した自動演奏機による演奏>

18:00~20:00  <懇親会>

 Posted by at 14:22
9月 292017
 

2017年10月22日(日)・23日(月)に「アクトシティ浜松」にて開催される研究会のプログラムをお知らせ致します。
奮ってのご参加をお願い申し上げます。

☆日時

2017年10月22日(日)9:20~17:00, 23日(月)9:10~17:00(内見学12:50~17:00)

☆場所

アクトシティ浜松コングレスセンター(研究会)

ヤマハ豊岡工場(管楽器工場・研究施設の見学)

〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

☆交通アクセス

JR浜松駅下車 徒歩約5~10分

☆世話役(敬称略)
東儀 温

☆議題
オータムセミナー

第1日

―― 22日(日)――<09:20~17:00>

9:20~10:20 <ショートプレゼンテーション①>

  1. ピアノ音評価における演奏行為と評価語の関係

◎関根 鈴花,棚瀬 廉人(ヤマハ),丸井 淳史、亀川 徹(東京藝大)

  1. ギター弦の振動特性変化を引き起こす劣化要因の検証

◎大塚 皓太(筑波大院・シス情工),水谷 孝一,若槻 尚斗,海老原 格(筑波大・シス情系)

  1. 三線の異なる棹材における音色と棹の振動の関係性の評価

◎横田 悠希,德田 真央,西宮 康治朗(青山学院大),照屋  勝武,照屋武志(照屋勝武三線店),長 秀雄(青山学院大)

  1. 腕が弾性的に伸縮する振子モデルによるスプリングドラムにおける漸増音発生機構の解析

原口 峻一,若槻 尚斗,水谷 孝一(筑波大)

―― 休憩(10分)――

10:30~11:45 <口頭発表①>

5. バイオリン演奏音の空間放射特性に基づく熟練度評価

牧 勝弘(愛知淑徳大),小幡 哲史(電通大, ヤマハ),饗庭 絵里子(電通大)

  1. バイオリン演奏における右手ボウイングの筋活動 ―アマチュア奏者とトッププロ奏者の比較―

小幡 哲史(電通大・ヤマハ),饗庭 絵理子(電通大),牧 勝弘(愛知淑徳大)

  1. リコーダーにおけるオクターブジャンプ現象の実験に基づいた考察

庄司 哲郎,有元 慶太,三木 晃,鬼束 博文(ヤマハ)

―― 昼食(60分)――

12:45~13:35 <口頭発表②>

8. 箏における絃と押し手の違いによる筋活動について

安藤 珠希(箏曲),小幡 哲史(電通大・ヤマハ),饗庭 絵里子(電通大)

  1. 二胡の振動膜の機械的性質

田口 友康(田口計算解析研),陳 少林(二胡演奏家・製作家),北村 達也(甲南大),西森 昭人, 長谷 朝博(兵庫県立工業技術セ)

13:35~14:05 <ポスター発表:インデクシング発表>

―― 休憩(5分)――

14:10~15:50 <ポスター発表(コアタイム:奇数:14:10~15:00・偶数15:00~15:50)>

10. 心拍変動パラメータを用いた知覚感情推定手法の検討

桶本 まどか(龍谷大),三浦 雅展(八戸工大)

11. 歌唱ホルマント生成に着目する声道モデル実験および声道形状推定法

◎畳 悠樹, 水谷 孝一, 若槻 尚斗, 前田 祐佳(筑波大)

12. 不均一な張力をもつ円形膜のタッピング時におけるモード形状

◎善甫 絵理,若槻 尚斗,水谷 孝一,前田 祐佳(筑波大)

13.  三線の型の違いが音色に与える影響の評価

◎德田 真央, 横田 悠希, 西宮 康治朗(青山学院大), 照屋 勝武, 照屋 武志(照屋勝武三線店), 長 秀雄(青山学院大)

14.  ピアノ演奏の動作パラメータに基づいた熟達度推定の試み

◎山口 翔也,三浦 雅展(八戸工大)

15.  ポピュラー楽曲を対象とした共通感情を持つサビメドレーの自動生成手法

◎古屋 海平ブレット,山口 翔也,三浦 雅展(八戸工大)

16.  新型クラヴィコードのフレーム構造の振動特性に関する検討

小林 翔太,西口 磯春,佐々木 正孝(神奈川工科大)

17.  アルミ製バイオリンの音響放射特性に関する研究

岡村 勇輝,西村 勇也(熊本高専)

18.  イヤホン-外耳道連成振動系の共振を考慮する音響特性補正システム

◎松雪 俊, 若槻 尚斗, 水谷 孝一, 善甫 啓一(筑波大)

19.  電気人工喉頭における自然な発声を実現するための入力波形の検討

◎駒田 立汰,若槻 尚斗,水谷 孝一(筑波大)

20.  音楽音響信号からの歌唱音抽出に関する一考察

◎勝呂 明央,三浦 雅展(八戸工大)

21.  事象関連電位に基づいたサイン音に対するアフォーダンス性の検証

◎岩舘 優妃,勝呂 明央,三浦 雅展(八戸工大)

22.  周波数帯域ごとの重要度を考慮したBPM推定の一検討

具志堅 龍星,佐藤 伸哉,大田 健紘(日本工大)

  1. データ忠実性を制約とした最適化による楽器音のモード分解

◎升山 義紀,草野 翼,矢田部 浩平,及川 靖広(早大理工),宮城 雄介,大石 耕史(コルグ)

―― 休憩(10分)――

16:00~17:00 <ショートプレゼンテーション②>

  1. 感覚的協和理論のピアノ音への応用について

西口 磯春,井上 千奈誉,佐々木 正孝(神奈川工科大)

  1. バスーンリードの物理的特徴と吹き心地の関係について

小峰 早貴,前田 啓,信田 聡(東大)

  1. 再生環境の変化によるモスキート音を用いた楽曲歌詞提示システムの性能評価

◎佐藤 亘,海老原 格,水谷 孝一,若槻 尚斗(筑波大)

  1. 減衰時間と波形の種類の違いが単音のかわいさ印象に与える影響

◎萩原 みず穂,丸井 淳史,亀川 徹(東京芸大)

18:00~20:00 <懇親会>

 

第2日

―― 23日(月)――<09:10~17:00>

09:10~10:25 <口頭発表③>

28. ピアノの物理モデル・シミュレーション

富永 英嗣,佐藤 寿一,蓑田 真(ヤマハ)

  1. 擦弦時のチェロ弦におけるスティフネス及び内部損失が音色に及ぼす影響

◎毛利 昌樹,若槻 尚斗,水谷 孝一(筑波大)

  1. 音楽経験が動的テンポ変化の認知に与える影響と聴覚認知能力との相関の検討

◎山下 真由子,伊集院  幸輝,加藤恒夫,柳田 益造,山本 誠一(同志社大)

―― 休憩(10分)――

10:35~11:50 <口頭発表④>

  1. バイク音の感性モデリング

棚瀬 廉人(ヤマハ),鈴木 博順,田中 昂翔(ヤマハ発動機),阪梨 英樹,荒井 美希,藤原 舞,関根 鈴花,沼野 俊亮(ヤマハ)

  1. 尺八の最低音における共鳴の等価回路による検討

小島 正典(元 大阪工業大)

  1. カジュアル管楽器 VenovaTMの研究開発

増田 英之,末永 雄一朗(ヤマハ)

―― 昼食(60分)――

12:50~17:00

<ヤマハ株式会社の管楽器工場・研究施設の見学(12:50 JR浜松駅近郊に集合完了,17:00 JR浜松駅で解散予定)>

 

○プログラム終了後に各種選奨

 

 Posted by at 19:23
8月 102017
 

2017年9月2日(土)に筑波大学にて開催される研究会のプログラムをお知らせ致します。
奮ってのご参加をお願い申し上げます。

日時
2017年9月2日(土)13:00~16:40

場所

筑波大学 春日キャンパス 情報メディアユニオン2F メディアホール

〒305-8550 茨城県つくば市春日1-2

http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_kasuga.html

交通アクセス
つくば駅(A1, A2出口)から徒歩10分
・秋葉原からつくばエクスプレス快速に乗ると45分で「つくば駅」に到着します。
・JR常磐線 ひたち野うしく駅,荒川沖駅,または,土浦駅で下車し,「つくばセンター」行きもしくは「筑波大学中央」行きのバスに乗ると,約30分で「つくばセンター」に到着します。
・東京駅八重洲南口高速バスターミナル発「つくばセンター・筑波大学」行き(高速バス・つくば号)に乗ると,約70分で「つくばセンター」に到着します。
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/grad/access/access/

世話役(敬称略)
善浦 啓一

議題
一般

――― 13:00~14:20 ―――

  1. タッピングされた膜面の振動モード形状の計測提示システム

善甫絵理(筑波大院・シス情工),若槻尚斗,水谷孝一,前田祐佳(筑波大・シス情系)

  1.  接触圧力及び毛髪量が骨導トランスデューサによる励振へ与える影響

小木曽 里樹(筑波大院・エンパワーメント情報), 水谷 孝一, 若槻 尚斗, 善甫 啓一, 前田 祐佳(筑波大・シス情系)

――― 休憩 ( 20分 ) ――

――― 14:40~16:40 ―――

  1. ステレオパラメトリックスピーカーシステムを用いる提示音像の位置変更

岩岡 龍之介,森賀 正貴(筑波大院・シス情工),善甫 啓一,水谷 孝一,若槻 尚斗(筑波大・シス情系)

  1. クリッピング量におけるディストーションサウンドの特徴量抽出

鈴木俊夫(流通経済大)、善甫啓一(筑波大・シス情系)、木下保(筑波大・数物系)

  1. 水琴窟における水深が放射音に与える影響

藤田 佑樹(筑波大院・シス情工),水谷 孝一,若槻 尚斗,海老原 格(筑波大・シス情系)

 

 Posted by at 13:51
8月 102017
 

2017年10月22日(日),23日(月)に「アクトシティ浜松・ヤマハ管楽器工場」にて開催される10月の音楽音響研究会(オータムセミナー)の発表申し込みを受け付けております。
申込締切は,8月18日(金)です。

10月研究会はオータムセミナーです。
学生,若手の研究者の育成のために,優秀な講演者に対して「音楽音響研究会奨励賞」を授与します.
オータムセミナーでは通常の一般講演以外に,ショートプレゼンテーション及びポスター発表を設けます。
特にポスター発表は口頭発表よりも時間をかけて議論ができ,学生や若手の研究者の方にはメリットがありますので,是非ポスター発表をご検討ください。

例年の,ショートプレゼン,ポスター発表,研究会奨励賞に加え,今回のオータムセミナーでは,【ヤマハ株式会社の管楽器工場・研究施設の見学(10月23日午後)】を企画しております。

申込方法などが通常の研究会とは異なります。募集要項を十分にご確認の上,お申込み下さい。
奮ってご参加頂きますよう,宜しくお願い致します。

【開催案内】
2017年10月音楽音響研究会(オータムセミナー)
● 日  時: 10月22日(日)~23日(月)
● 場  所:
アクトシティ浜松 コングレスセンター
http://www.actcity.jp/about/access.php
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

●交通アクセス:
・JR 浜松駅 下車徒歩約5~10分
http://www.actcity.jp/about/access.php

●世話役(敬称略): 東儀 温

【講演募集】

●テーマ:一般「オータムセミナー」
● 申し込み〆切: 8月18日(金)
● 原稿提出〆切: 9月22日(金)
● 申し込み方法
E-mailまたは郵送のいずれかにて下記の事項をお知らせください。
折り返し受付の連絡を致します。
1. タイトル
2. 著者(所属),共著者(所属),・・・
(講演者には○印,奨励賞対象の講演者には◎印(筆頭著者),定期購読会員には△印を冠して下さい。)
希望される発表区分(※1 下記[補足]を参照)
  a. 口頭発表(一般)
  b. 口頭発表(ショートプレゼンテーション)
  c.ポスター 発表
3. 著者代表連絡先(住所, TEL, E-mail)
4. 発表概要(150字程度)
5.著作権の取り扱い
著者が過去に執筆し投稿した研究会資料を含めて,著作権の取扱に同意することをご表明下さい。
(例)「○○(著者)は、音楽音響研究会の定める著作権の取扱に同意します。」
※ 2011年10月発表申込分より発表のしおりが変更されました。これまで,音楽音響研究会ホームページに記載されている著作権の取扱に同意することを発表のしおりでご表明頂いておりましたが,著作権の取扱に同意して頂ける方のみ発表を受け付けます。
「音楽音響研究会奨励賞」対象者となる2017年4月2日時点での年齢が28歳以下の講演者はその生年月日と現在の年齢
(※2 下記[補足]を参照)

●発表申込先:
〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698 駿河台大学メディア情報学部 金 基弘
E-Mail: To: office[あっと]musical-acoustics.org

※1[補足]
口頭発表(一般・ショートプレゼンテーション)の他に「ポスター発表」を設けます。特に学生の方など若い研究者の皆様に,色々な発表形態を経験して頂く場として是非ご活用ください。
ポスター会場にはテーブルと電源を準備するので,デモなどのパフォーマンスも可能です。

○ 口頭発表(一般):
音楽音響に関してある程度十分な成果が得られている研究内容について
発表/30分 質疑応答/10分 予稿/4~6頁

○ 口頭発表(ショートプレゼンテーション):
音楽音響に関して新しい試みや,まだ十分ではないが一部でも有効な成果が得られている研究内容について
発表/10分 質疑応答/5分 予稿/2~4頁

○ ポスター発表:
研究内容は上記一般,ショートプレゼンテーション双方に準じます。
ポスターを貼付するパネル板は幅120cm×高さ180cmです。画鋲で貼り付けになります。
セッションは約2時間を予定しています。
概要発表/2分間(プロジェクタ使用可)
質疑応答はポスター・セッション会場に移動し適宜対応する。
予稿/2~6頁
(ポスター・セッション会場には,小型のテーブル,AC100Vの電源だけは準備する予定です。)
※ 発表時間などについては,申し込み件数により多少増減する事があります。

※2[補足]
○音楽音響研究会奨励賞と評価項目
学生,若手の研究者の育成のために,優秀な講演者に対して表彰を行ないます。
審査にあたっては,発表のインパクト,クオリティ,プレゼンテーションと総合評価により評価し,若干名を表彰する予定ですので,奮って応募下さい。

○審査対象者
口頭発表(一般、ショートプレゼンテーション),ポスター発表を行なった講演者(筆頭著者に限る)の年齢が,2017年4月2日時点で28歳以下でかつ,発表までに日本音響学会会員(正会員・学生会員)になっていること。また共著者の中に音楽音響研究会定期購読者が含まれていること。(現在定期購読会員ではなくても,発表までに申し込んでいただければ結構です)
奨励賞審査希望として講演申し込みをされている発表者は,上記の要件を満たしていないと審査資格を喪失します。
オータムセミナーの受付時に,次のうち一つを必ず提示して下さい。会員(入会手続き中)であっても提示がない場合には、審査対象から外れます。

・既に音響学会会員である方は,その種別と会員番号
・入会手続きが完了していない方は,初年度会費振込受領書(のコピー)

● 発表申込金について

これまで音楽音響研究会では無料で発表を受け付けておりましたが,研究会財政健全化を図るため,2009年9月研究会より発表申込金を頂くことに致しました。ただし,別刷りを購入される場合には,従来通り発表申込金は無料と致します。

発表申込金
・別刷りを購入しない場合 … 1,000円
・別刷りを購入する場合 … 無料

別刷り代(20部以上10部単位で注文)
・20部、30部 … 単価180円
・40部~90部 … 単価170円
・100部以上 … 単価160円
※上記は表紙なしの単価。表紙を付ける場合は単価が一律60円上がります。

 Posted by at 12:06