12月 202022
 

2023年2月研究会のプログラムです.

ポスター作成要領は<こちら

——————————-
プログラム
——————————-
日時:2023年 2月19日(日) 12:40~17:30
場所:九州大学大橋キャンパス(https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/campus/ohashi/)
3号館 2階 321教室,322教室

議 題 ――― 学生のためのスプリングセミナー―――
――― 12:40〜13:00 開会式・趣旨説明(20分)―――
――― 13:00~13:25 ポスター発表のインデクシング発表 ―――
――― 休憩(15分)―――
――― 13:40~16:20 ポスター発表(コアタイム:奇数番号:13:40~15:00,偶数番号:15:00~16:20) ―――
1. チェロの擦弦振動FEM解析によるエンドピンの素材がヘルムホルツ波の形成過程に与える影響の検討
酒井新太郎,鮫島俊哉(九大・芸工)
2. テレビコマーシャルにおける音楽情報の調査と考察
田中夢乃,菅野由弘(早大)
3. 軸方向の物性値変化を考慮した梵鐘の物理モデル化と数値シミュレーション
小口雄也,鮫島俊哉(九大・芸工)
4. ハンマーと弦の間の摩擦力を考慮したピアノ弦の縦・横振動の連成振動解析
佐藤菜緒,鮫島俊哉(九大・芸工)
5. 和音進行の出現確率を含むデータベースを用いた和音名推定の基礎的検討
北条 拓巳,村上 頌,安井 希子(埼玉大),三浦 雅展(国立音大),杉浦 陽介,島村 徹也(埼玉大)
6. 有限要素法による箏の音響振動解析と物理モデル音源への応用
塩屋仁菜,鮫島俊哉(九大・芸工)
7. Acoustic Contrast Filterを用いたトランスオーラルシステムの改良
尾関航一,鮫島俊哉(九大・芸工)
8. ハミングを行いながらの片鼻呼吸が自律神経に与える影響について
神村紗希(株式会社ナズナミュージック),山本 篤(一般社団法人 日本音楽家機能解剖学指導者協会)
9. 非線形回帰分析を用いた歌唱のうまさに対する印象評価構造
新明 直斗, 安井 希子, 杉浦 陽介, 島村 徹也(埼玉大)
10. 調波構造による影響を考慮したギターの和音名認識方法の検討
村上 頌,安井 希子(埼玉大),三浦 雅展(国立音大),島村 徹也(埼玉大)
11. 管壁振動を考慮した管楽器の物理モデル
石田風樹子,鮫島俊哉(九大・芸工)
12. トロンボーン演奏時の姿勢に対する呼吸及び演奏音に関する基礎的検討
田中道,三浦雅展(国立音大)
13. 光強度に基づく弦変位計測法を用いる擦弦操作と弦振動の同時計測
原優人,猪崎 遼大,若槻尚斗,海老原格,前田祐佳(筑波大)
14. パターン情報の特徴を用いた自動伴奏生成に関する検討
原田 隼太朗,安井 希子,島村 徹也(埼玉大),三浦 雅展(国立音大),杉浦 陽介(埼玉大)
15. 非調和性と非線形性を考慮した多重尺度法による撥弦音のリアルタイム合成
齊藤匠哉,若槻尚斗,海老原格,前田祐佳,水谷孝一(筑波大)
16. 最急降下法に基づいたディジタル音源の擬似レコード化における変換パラメータの自動調整に関する検討
久保寺早紀, 三浦雅展(国立音大)
17. ギター弦の弾き比べによる主観評価と音響的・物性的検討
吉田羽那(東京藝大),上原崇寛(扇精光),児玉秀和(小林理研),亀川徹,丸井淳史(東京藝大)
18. 直接伝達型電気人工喉頭における喉への刺激と発声ラウドネスの評価
小野寺 悦希,若槻 尚斗,海老原 格,前田 祐佳(筑波大)
19. 人工吹鳴装置を用いたアコーディオンのリードボックスの音響計測
岡田日向,西宮康治朗,長秀雄(青山学院大)
――― 16:20〜17:00 休憩・審査集計(40分)―――
――― 17:00〜17:30 表彰式・閉会式(30分)―――

○ ポスター発表のインデクシング発表:発表1分

☆日時等、今後変更になる可能性があります。最新の情報は音楽音響研究会のホームページ(http://musical-acoustics.org/)でご確認下さい。

◎音楽音響研究会に関する問合先
饗庭 絵里子 Tel. 042-443-5649 E-mail:  office@musical-acoustics.org

 Posted by at 15:30